Image

廣田 理子
HIROTA Ayako

Oct.17 13:30-16:30
現代ガラスジュエリー

Works



Biography

1989年多摩美大ガラス専攻の4年生だった廣田さんは第2回フェスティバルに参加、当時新島で講師をしていたバーナーワーク作家ジェームス・ミンソンさんのアシスタントとして多くを学びました。卒業後、佐々木硝子(株)デザイン室に5年間勤務したのちアメリカ、ドイツでバーナーワークを学び個人工房設立、作家として活動します。外国からの著名な作家来日の際にはアシスタントとして活躍しました。
廣田さんの作品はガラスの美しさを生かしたアクセサリーが代表的で、素材、デザイン、コンセプト、技術のバランスが素晴らしく一体化しています。美しいガラスアクセサリーのあるべき姿を、経験に裏づけられたアート、デザイン、バーナーワークの技術で見せて頂きたいと思います。

クラスについて

バーナーワークで制作した小さなアートピースを繫いでガラスのコンテンポラリーなアートジュエリーにします。赤いガラスで流動形のビーズの作り方、独自に開発した紐を通す穴の作り方をお見せします。金属金具を使わず、サイズ調節が可能なガラスと紐だけで作る肌に優しいアクセサリーです。

活動履歴
>
1989第2回フェスティバルT.A
1994ah's工房 設立
1994 . 98第7回〜11回フェスティバルT.A.
1997新島T.A.スカラーシップ受賞
2015〜18第28回〜31回フェスティバルT.A
現在バーナーワーク作家として活動、全国各地で個展グループ展多数

Webpage  Instagram@kai6r