Image

加倉井 秀昭
KAKURAI Hideaki

Oct.17 9:00-12:00
夕立紋のボトル

Works



Biography

 加倉井さんは1997年に受講生として初めて来島し、以来長年に渡りフェスティバルのT.A.として尽力してくれた作家です。2015年の個人工房設立後は短期間の技術指導をしたり講師を招いたりと、様々な形でワークショップを開催し、また個展やグループ展等にも力を注ぐなど、全国的に活躍しています。
2012年には仲間と共に1970年代生まれのガラス作家集団「Glass Around 70's」を結成し、様々な場所でデモンストレーションを展開してきました。ガラスの新しい動きとして今回のフェスティバルではセブンティーズのデモも行います。

クラスについて

デモンストレーションでは吹きガラスで「夕立紋のボトル」を作ります。作品写真にあるのとほとんど同じものです。2つの異なったケインワークの重なりから生み出される新しい表現に注目して見てください。


活動履歴
  • 1997年
     第10回フェスティバル受講生
     新島スカラーシップ受賞
  • 2000−2011年
     第13回、14回フェスティバル受講生
  • 2002−2020年
     第15回〜32回フェスティバルT.A.
  • 2013年
     新島T.A.スカラーシップ受賞
     ピルチャックスクールにてワークショップT.A.
  • 2004〜06年
     倉敷芸術大学工芸学科ガラス教務補助
  • 2006〜11年
     日本装飾美術学校ガラス工房主任講師
  • 2007年〜
     女子美術大学ガラス科非常勤講師
  • 2015年 
     スクラッチ&ノイズ加倉井硝子製作所 設立
  • 2017年〜
     加倉井硝子製作所にてワークショップ開催
  • 現在 女子美術大学非常勤講師として指導
     個人工房での製作、ガラス教室、ワークショップ開催
Note:

デモンストレーションが中心のプログラムです、参加者はチャットを通じて作家とコンタクトすることが出来ます。

Webpage  Instagram@kai6r